NPO法人
日本幼児教育振興會

Q:我が家では、テレビを見せていません。DVDもよくないのでは?

A:TVそのものがよくないのではなく、番組の内容が問題なのです。

米国から渡ってきた三種の神器のひとつ、TV。
朝から晩まで、目的意識を持たず、
中毒のように見続ける世相が広がり、
TV批判が一気に持ち上がった時期があります。

TVが子育てによくないのは、
つい「見せっぱなし」になるからです。
子守りをTVにさせるからです。
もし見せるのでも、
それを題材にして家族で会話ができたり、
感想が書けたりできるなら、
決して悪いものではありません。
ようは、役立て方次第なのです。

目に見えるものに支配されやすい人間の性質。
つまり、視覚メディアは、
脅威にも、有用なツールにもなるのです。

DVDを利用して学ぶサントレ。
視覚に訴えることで、
身につける学習力を強化したり、
加速させたりも出来る訳ですね。

ところで、サントレ教育で重要な「漢字」も、
視覚的なパワーを持っています。
漢字を取り入れている点でも、
DVDで、よいお手本を目と耳に訴求する点でも、
サントレは、人間の視覚特性を十全に役立てています。