サントレ・言葉の教育【NPO法人日本幼児教育振興會】

NPO法人日本幼児教育振興會

メインイメージ

ごあいさつ

私たちは「サントレ・言葉の教育」の 全国への普及を目指しています。

 未来を担う子供たちに必要な力とは何でしょう。思考力、理解力、判断力、忍耐力、表現力、認知力、コミュニケーション能力など、豊かな人生を送るための様々な力が思い浮ぶことでしょう。これらは言葉によって得られ、高められます。人は言葉を通して考え行動します。言葉は生きるための力を獲得し、心を育む土台ともなるものですから、幼児期に言葉を学ぶことはより良い成長のために必要です。
 私たち日本幼児教育振興會は「言葉は幼児の心を育む母乳である」を理念とし「サントレ・言葉の教育」の普及とともに、授業観察、教職員研修、保護者向け講演会などを実施し、子供たちの言葉の環境を豊かにすることを目標に活動しています。

授業風景1

授業風景2

サントレとは

美しい心を育むことを目的に開発された、 幼児のための言葉遊びのプログラムです。

 言葉の習得期は7~8歳までと言われています。幼児の脳は様々なものを無努力・無負担で吸収していく特徴をもつため、幼児期に言葉の教育を受けることは最適です。また、言葉の習得と脳の発達は密接に関係し、獲得した語彙が多いほど情緒が安定し、心を豊かにすると考えられています。
 近年、子供たちの豊かな心、感性や情緒を育むためには、「非認知能力」を育てることが大切であると分かってきました。「非認知能力」とは、感謝する心や思いやり、意欲、関心、協調性、忍耐力、計画性などのような数値化できない能力であり、これからの時代を生きる子供たちには、最も必要な能力とされています。これらは言葉を通して習得されるため、幼児期からの語彙の獲得が大切であると言えます。文部科学省でも、国語の果たす役割として「知的活動の基盤」「感情・情緒等の基盤」「コミュニケーション能力の基盤」の3つを挙げており、生涯を通じて自己形成に関わると示しています。感情や情緒は目に見えにくい部分ですが、とても重要な要素の1つになっています。
 草木を育てるためには、水や太陽の光など十分な栄養が必要であるように、心を育てるにも栄養が必要です。人間は知的動物ですから、言葉という知的栄養を数多く吸収することで、非認知能力が高まると同時に、学ぶことへの意欲に繋がります。私たちが提供する「サントレ・言葉の教育」は、実績と科学的見地により構築された言葉遊びのプログラム(対象年齢2歳児~小学校2年生)です。一人でも多くの子供たちが豊かな心の土壌を育み、人間形成の土台を築いてもらいたいと願っています。

「サントレ・言葉の教育」の詳細はこちら 「サントレ・言葉の教育」の詳細はこちら

活動概要

  1. 小学校、幼稚園、保育園へサントレの普及
  2. サントレ教材の開発と監修
  3. サントレ導入園を対象とした指導者研修会の開催
  4. サントレ導入園に対する個別指導と観察
  5. サントレ導入園を対象とした群読コンクールの開催
  6. 教育・保育行政への提案
  7. 機関紙の発行
  8. サントレの成果と教育的意義を伝える広報活動

役員一覧

理 事 長 波岡  實 (コモンズ株式会社 会長)
副理事長 永野 邦夫 (株式会社チャネル 会長)
専務理事 佐藤 公雄 (NPO法人 日本幼児教育振興會 指導担当)
理  事 安田 吉廣 (元大阪府議会議員)
植木 とみ子 (元福岡市教育長)
森  照弥 (NPO法人 日本幼児教育振興會)
井出 美樹恵 (NPO法人 日本幼児教育振興會)
お問い合わせはこちらまで お問い合わせはこちらまで
〒160-0002 東京都新宿区四谷坂町12番12号 電話 03-5366-1977 FAX 03-5366-1617